[感想]映画レビューブログ

これまで僕が映画館やDVDで鑑賞した映画の感想集

【マトリックス レボリューションズ】Matrix Revolutions (2003年 アメリカ)

マトリックス レボリューションズ】Matrix Revolutions (2003年 アメリカ)

ネオ(キアヌ・リーヴス)、モーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)達は、引き続きマシン軍との壮絶な戦いを繰り広げていたが、マシン軍にザイオンの位置を探知され無数のセンチネルが怒涛の如く押し寄せる中、ネオは、人類が未だかつて踏み入れたことのないマシン領域のコアに入り込む事を決意する。
そしてザイオンの基地内部はセンチネルで溢れ、人類もこれで最期かと思われたその時…

監督:アンディ・ウォシャウスキー、ラリー・ウォシャウスキー
出演:キアヌ・リーヴス
  『スピード』『ディアボロス 悪魔の扉』『ハート・ブルー』
  『スウィート・ノーベンバー』『コンスタンティン』『地球が停止する日』
   キャリー=アン・モス
  『マトリックス』シリーズ
   ローレンス・フィッシュバーン
  『マトリックス』シリーズ

①どんな時にお薦め?
マトリックス』『マトリックス リローデッド』に続くSF映画マトリックスシリーズ最終章です。

②何を描いた映画?
機械軍が人類の本拠地に大量侵入、ミフネという三船敏郎風のロボット部隊の隊長が奮戦。
敵である機械軍のセンチネルを必死で食いとどめている間に、ネオがコンピューターの未知の領域に進入、そして結末が訪れる。
      
③印象的なシーン(演出含む) ④印象的なセリフ(表情含む)

(個人的に)

ネオの目が感電で黒く焦げて見えなくなる。
人類の本拠地ザイオンでセンチネルと戦うミフネという三船敏郎似の隊長。

⑤見どころ

⑥ツッコミどころ
---

⑦笑えるポイント
---

⑧ネタバレになるのでちょっとだけ…
---

⑨感想
当初救世主と思われていたネオがエージェントとの戦いであっけなく死に、
トリニティが愛した男が救世主といったところが上手い演出だと思いました。。
劇中、ネオとトリニティが預言者に会いに行くシーンで、ネオが預言者から予言を聴く部分はセリフがありましたが、トリニティが預言を聴く部分にはセリフが無く、あとの展開で語るところも上手いと思いました。

正直言って私個人的には、エンディングの意味するところが分かりませんでした。
これがこのシリーズ3部作を見て思った事です。

⑩Pick Up Music
---

⑪観たのは劇場?DVD?
---

⑫その他関連
マトリックス4作目が2021年に公開予定です。