[感想]映画レビューブログ

これまで僕が映画館やDVDで鑑賞した映画の感想集

【フェイス・オフ】FACE/OFF (1997年 アメリカ)

【フェイス・オフ】FACE/OFF (1997年 アメリカ)

息子を殺した仇を追うFBI捜査官ショーン・アーチャー(ジョン・トラボルタ)は死闘の末、犯人キャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)を追い詰め拘束した。
安心するのも束の間、キャスター・トロイが何処かの街に爆弾を仕掛けている事を知る。
爆発前に、爆弾の在り処を探り出す事になるのだが…

監督:ジョン・ウー
出演:ニコラス・ケイジ
ナショナル・トレジャー1,2』『ロード・オブ・ウォー』『コレリ大尉のマンドリン』『ゴースト・ライダー』『60セカンズ』
   ジョン・トラボルタ
フェノミナン』『パルプ・フィクション』『ブロークン・アロー
   ジーナ・ガーション
『バウンド』 /他

①どんな時にお薦め?
ニコラス・ケイジジョン・トラボルタ共演の映画をお探しなら。

②何を描いた映画?      
捜査の為に犯人キャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)の顔を、
捜査官ショーン・アーチャー(ジョン・トラボルタ)の顔に移植し捜査をするが、
昏睡中であるはずのキャスター・トロイが目覚め、保管されていたショーン・アーチャーの顔を自分の顔面に移植し、ショーンになり済まして悪用、周囲を騙しやりたい放題するアクション映画。

③印象的なシーン(演出含む) ④印象的なセリフ(表情含む)
ショーンが顔を取り戻せないように自らの顔「ショーンの顔」に傷をつけるキャスター・トロイ。

⑤見どころ
顔はキャスター・トロイ(ニコラス・ケイジ)でも中身はショーン・アーチャー(ジョン・トラボルタ)、
顔はショーン・アーチャーでも中身はキャスター・トロイ。
私的な見どころ3つ。
1つ目、ジーナ・ガーションの唇の形。
2つ目、走行中のボートから落ちそうになるシーンで革靴水上スキー
3つ目、ショーンの妻は医者で、血液でショーンかどうか裏を取るシーンがあったと思います。

⑥ツッコミどころ
ショーンの妻が、顔がショーンのキャスター・トロイと夫婦の営みをしてしまう。
私的に思う事ですが〇〇〇の形とか大きさで分からなかったという事ですか。

⑦笑えるポイント
私的な笑えるポイント…
キャスター・トロイの女(ジーナ・ガーション)
「やれ、し〇ぶれだの、〇えだの」と言った時の、キャスター・トロイの顔を付けたショーンの反応。

⑧ネタバレになるのでちょっとだけ…
---

⑨感想
ジョン・トラボルタはショーン、ニコラス・ケイジがキャスター・トロイを演じるのは
初めと終わりのみで本編の大半が逆の人物を演じます。
私的にこの辺がこの映画の面白いところだと思いました。

⑩Pick Up Music
---

⑪観たのは劇場?DVD?


⑫その他関連
---